引越しのキャンセルについて

引越しのキャンセルについて

引越しをしなくてはならなかったのに、必要がなくなったとか、もっと条件の良い引越し業者を見つけたからキャンセルしたい、という方もいると思います。

引越しのキャンセル料に関しては、運輸省が定めた約款で決められています。
どのような内容かというと、「引越しの2日前までならば、キャンセル料は発生しない」というものです。
引越し前日なら見積もりで提示された引越料金の10パーセント以内、当日は20パーセント以内を支払わなくてはいけません。

ただ、気をつけなければいけないのが、引越し業者の会社が独自に定めている約款です。
約款は見積もり書の裏に記載してあることが多いので、必ず目を通しておきましょう。

また、見積もりの段階で無料のダンボールを置いていく引越し業者は多いと思いますが、もしキャンセルすることが決まって、使っていないのであれば返品しましょう。
しかし、無料のダンボールは、実は引越し料金に含まれていることが多いので、使ってしまうとダンボール代を請求されることになると思います。したがって、もしものことを考え、本当に無料なのか、返す場合は返送料が取られるのか?は、しっかりと確認しておきましょうね。

使ってしまったダンボール、また荷物を入れ替えるのは大変です。
他社のダンボールの荷物が混じっていても引越し業者は運んでくれるものですが、不安であれば事前に確認しましょう。


posted by 引越準備 at 00:00 | 引越関連情報

建て替えの引越し

建て替えの引越し

引越しには、いろいろなパターンがあります。
例えば、マンションへの引越し、一戸建てへの引越し、中には建て替えの引越しをする方もいます。

特に建て替えの場合の引越しの場合は、まず仮住まいへの引越しをして、新居が建ったら新居への引越しをしなくてはいけないため、経済的にも精神的にも大変です。

まず、荷物の整理が一苦労でしょう。
全ての荷物を持って仮住まいへ引っ越す方は、まずいないと思います。
「必要なもの以外をどこへ預けるか?」「それは誰が運ぶのか?」を決めなくてはいけません。
親類が近くにいて、預けられるようならそれが一番良い方法です。そうでなければトランクルームなどを借りて利用しなくてはいけません。
引越し業者には提携しているトランクルームがありますので、そちらへ頼むのも良いと思います。もちろん、実際にどのように保管されるのかを見に行ったほうが良いでしょう。
また、保険にはしっかり入っているのかもチェックを忘れずに。
セキュリティ面と合わせて確認が必要ですよ。

なお、大手の引越し業者にはいろいろなハウスメーカーと提携しているところがあります。
建て替えをしたハウスメーカーの紹介だと、割引きのサービスをしてくれる引越し業者もあります。
また、仮住まいへの引越しと新居への引越し、二つとも同じ引越し業者に頼むと、かなりお得にしてくれるところもあります。
いろいろな引越し業者に見積もりを出してもらい、より良い引越しが出来るところを選んでください。

posted by 引越準備 at 00:00 | 引越関連情報

引越しのトラブルについて

引越しのトラブルについて

引越しのトラブルで多いのは、引越し業者に家具や新居に傷をつけられたり、雑に扱われ電化製品が故障した、といったような内容です。 大手の引越し業者は、保険に入っているので補償も完璧と思っていませんか? 確かに約款には、損害を補償しますという内容が書かれていますが、傷をつけられたからといって新品と交換というのはありません。あくまでも、修理のみのようです。 修理に出す間の保証ということで、代わりのものを持ってきてくれますが、経験者の方の多くは納得がいく内容の補償ではないようです。 中には、クレームをつけると「うちが壊したわけじゃない」などと言われた方もいるようです。ひどいところでは「後で連絡します」と言ったきり連絡がない引越し業者もいるそうですよ・・・。 なんとか泣き寝入りをしないで済む方法はないものでしょうか? とある引越し業者の話では「引越し業者が傷をつけた時に居合わせていること」だそうですが、そうそうその瞬間に立ち会えるものではありませんよね。本人を目の前にして、荷物を雑に扱うこともないでしょうから。 一番良い方法は、引越し業者が梱包をする時や運ぶ時に「これには傷がついていない」ということ「丁寧に扱って欲しい」ということを直接伝えることです。 一生懸命頑張っている引越し業者を責めるのは悪い気がするのはわかりますが、あちらも仕事ですのでちゃんとわかってくれるでしょう。 日にちがたてばクレームもつけにくくなります。後悔しないためにも「あれ?」と思ったことは、その場で解決しましょう。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越関連情報

追加料金について

追加料金について

引越しの料金については見積もりの段階で、引越し業者としっかり話し合うことが必要です。 「引越し代金」は見積もりで提示された金額以上、すなわち追加料金を請求されることはありません。 しかしながら絶対というわけではないことを、頭に入れておきましょう。 では、どんな場合に追加料金を払わなくてはいけないのでしょうか? それは、簡単に言えば「引越し業者に予定外の仕事が増えるようなことがあった場合」です。 例えば、新居の前の道が狭くてトラックが入れない、または階段が狭くて玄関から荷物が入れられないかもしれないなど、実際に行ってみないとわからないようなことは引越し業者にあらかじめ言っておきましょう。 そして、その場合「どのような対処をするのか?」「追加料金が発生するか?」などをしっかり事前に確認しておきましょう。 あらかじめ申告しておけばその料金は見積もりの中に入っていますので、追加料金は発生しません。 また引越しの際、エアコンの着脱を依頼する場合も追加料金が発生する場合がありますので注意が必要です。 エアコンはガスが抜けていると冷気が出ません。 ガスの補充は古いエアコンでなくても、される場合があります。 また、引越し先でパイプなどの長さが足りない場合、パイプ交換などで追加料金が発生します。 これは、実際にやってみないと分からないものなので、引越し先で追加料金を請求されて騙されたと感じる人も少なくないようです。 引越し業者からも説明があると思いますが、見積もりの段階で事前にしっかりと申告し、納得のいくまで説明をしてもらいましょう。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越関連情報

高層階の引越しについて

高層階の引越しについて

高層階に住んでいると、防犯には便利でも、引越しともなれば話は別ですよね。
一目ぼれで買ったベッドやソファーなどの家具が大きすぎて入らなかったという話も耳にします。
部屋の寸法も家具の寸法も測ったのに、エレベーターに入らないとか玄関に入らないのではガッカリですよね。
高層階に引っ越すなら、エレベーターの寸法なども頭に入れておいたほうがよさそうです。

もしも無理だと分かっていても、それでも何とか運び入れたいと思うならば、大手の引越し業者「アリさんマークの引越社」で使用している「フライングデッキ」という大型昇降機での方法はいかがでしょうか。
なんとこれは1トンもの荷物を一気に5階まで運搬できるという優れものです。
重い荷物を持って、何度も上がったり降りたりしなくていいのですから、とっても楽ですよね。
また、玄関から入らない荷物もベランダから入れることができるので、買った家具が無駄になる心配もありません。
でもこの方法、値段が高いのかな、と思ったら、無料で利用できるサービスもあるみたいですよ。
高層階に引越しを考えている方は、一度調べてみてはいかがでしょうか?

posted by 引越準備 at 00:00 | 引越関連情報

同じ荷物の量でも料金は違う?

同じ荷物の量でも料金は違う?

知人に引越しを経験した方がいると、引越し料金がいくらくらいしたか気になるところですよね。

同じような間取りで同じくらいの荷物なら、自分も同じくらいだなと思うのは当たり前ですね。
それなら、その人と同じ引越し業者にしようと見積もりを依頼する方もいるでしょう。
しかしながら、実際は違うことが多いようです。
それは荷物の量が同じでも、同じようにトラックに詰めることが出来るとは限らないからなのです。

例えば、洋服ダンスやベッドなど、ものによっては、家から搬出したり搬入するのが困難なものもありますね。
また、積み重ねることができない家具の形だと1台のトラックには詰められないかもしれません。
このようなことを引越し業者は長年の経験上、見積もりの段階で考えます。
「知り合いがこの値段だった」と言っても同じようにはいかない場合がほとんどです。しかし、ダメもとで値切ってみるのはいいかもしれませんね。何も言わずに「どうして?」と思い続けるよりは、疑問を全て解消しておくべきです。
格好悪いかも・・・と考えてしまいますが、ここは大阪のおばちゃん(失礼!)のように言ってみると、引越し業者さんから嬉しい返事がもらえるかもしれませんよ。

他にも、所要時間や工事の有無によって料金も変わりますので、その辺は頭に入れておくと良いでしょう。
多少高くても納得のいく引越しをしておかないと、トラブルがつきまといます。

安心できる引越しには、多少のリスクは仕方がないことなのかもしれません。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越関連情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。