引越し当日

引越し当日

引越し当日は、朝から慌しい一日となりますね。
ゆっくりご飯を準備して食べる暇さえありませんので、あらかじめおにぎりやサンドウィッチなどを用意しておくと便利ですよ。


引越し業者が到着したら、いよいよ作業開始。
もしも心づけを用意しているのであれば、作業の前にお渡しします。
必ずしも用意しなくてはいけないものではないので、もちろん金額に決まりはありません。
一人ずつ渡しても良いですし、「皆さんで」とリーダーの方にお渡ししても良いと思います。これで作業内容に差が出るとは思いませんし、差をつけられても困ってしまいますが、ちょっとでも「頑張ろう!」と思ってもらえたらラッキーです!


荷物の搬出は、引越し先での搬入のことも考えてトラックに積み込みます。
積み込む順番はプロである引越し業者に任せます。
荷物を運ぶ手伝いより、家具にあらかじめついているキズなどを引っ越し業者に伝えておいたり、壊れやすくて取り扱いに注意してもらわなくてはいけないものなどを伝えるようにします。
荷物を全て積み終わったら積み残しがないか全ての部屋をチェックします。


最後に全ての部屋の掃除をします。
とはいえ、荷物と一緒に自分も出なくてはいけないでしょうから、ひどい汚れは引越し前にあらかじめ済ませておきましょう。
掃除をせずに部屋を出て行く人のもいますが、少しでも掃除をすれば、修復費を安く済ませることができますので、敷金がかえってくることもあるかもしれませんし、最後の礼儀としてきっちり済ませていきたいものです。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

引越しで運んでもらえないもの

引越しで運んでもらえないもの

今まで住み慣れた土地を離れるのは寂しいものですが、せめて寂しくないように大事なものは全て持って行きたいのは当然です。 しかし、引越し業者さんは何もかも運んでくれるわけではないのです。 断られるものがあるんです。 ひとつは、いわゆる「貴重品」といわれるもの。 現金や株券、通帳、印鑑など、後で紛失などのトラブルになりますので、拒否されることは間違いありません。 引越しをする側としてもこれらを預けるのは心配ですよね。 引越し当日は貴重品は常に身につけて引越し作業をしましょう。 二つ目は「観葉植物」。これは特殊な管理を要するというのが理由のようですが、どうなってもいいと思うのであればお願いすれば持って行ってくれる引越し業者さんもあるようです。 三つ目は、ペットなどの「生き物」です。 ペットは大事な家族の一員です。自分たちと一緒に連れていってあげるのが一番です。業者によっては別料金で運んでくれるサービスもありますので、念のため問い合わせてみましょう。 四つ目は「危険物」です。 一般家庭での危険物というと「石油ストーブ」が一番多いのではないでしょうか?これはストーブの中に灯油が残っていると危険なので、絶対に持っていってもらえません。使い切るか、自分で運ぶようにしましょう。 その他、持っていけるかどうか不安なものは引越し業者に確認してみましょう。何とかなると思っていると、後で後悔することになるかもしれませんよ。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

引越荷物は減らそう

引越荷物は減らそう

少しでも引越の荷物を減らすことができたら、引越しももっと楽になると思いませんか?

例えば、割れやすいものを詰め込む時に「タオル」を使ってみてはいかがでしょうか?一つずつタオルで包むのも良し、隙間にタオルを押し込むのも良し。
普通なら新聞紙を詰め込むところ、代わりにタオルを詰め込めば運ぶダンボールも一つは減りますよね。
荷解きした後のタオルはすぐに洗濯すれば、新居で洗いたてのタオルを使えて、気分も晴れ晴れしそうですよ。

またこの機会に、要らないものは思い切って処分してしまうのも良い方法かもしれません。
普段から不要になった時点ですぐに廃棄できていれば問題ないのですが、なかなかそうはいかないものですよね。
風水では、古いものをいつまでも持っているとエネルギーを吸い取られてしまう、といわれているようですので、手放すチャンスかもしれませんよ。

まだ使えそうなものはリサイクルショップに売るという方法もありま
す。もしかすると新しい家具が買えるぐらいになるかもしれません(笑)そうでなくても引越し業者さんへの心づけくらいにはなるのではないでしょうか?

また、引越し業者には不要品の家具などを引き取ってくれるところもあります。ただ、「オプション」としてあることが多いので、引越しを依頼する引越し業者に確認してみると良いでしょう。
引越し業者でなくても引き取り専門の便利屋さんもいます。
簡単に見積もりを出してくれるので、一度 調べてみる価値はあるでしょう。あらかじめ引き取ってもらえれば、引越し当日の荷物も少なくなって、搬出もスピーディーにできそうですね。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

冷蔵庫の引越し準備

冷蔵庫の引越し準備

引越しの荷造りで一番大変なのが「キッチンまわり」ではないでしょうか? たくさんの食器や使い切れていない調味料、冷蔵庫の中の食材・・・主婦が一番、頭を悩ませる場所ですよね。 大抵は引越しの何日も前から冷蔵庫の中を減らすべく、食卓には「食材使いきりメニュー」が並ぶと思います。 大手の引越し業者には、クール便で冷蔵庫の中身を運んでくれるところもありますが、そうでなければ前日あたりに箱詰めすることになりますよね。 その場合はクーラーボックスなどを利用し、梱包しておきましょう。 もしも処分するのであれば、注意したいのが「ゴミ出しの日」です。 気をつけないとゴミ出しに間に合わずに引っ越し先にゴミも持っていかなくてはいけなくなります。 冷蔵庫内の整理に関わらず、荷造りは早めに終わらせゴミは処分していきましょう。 また、冷蔵庫の中を整理したら、引越し前日の夜には冷蔵庫の電源は切っておかなければいけません。冷蔵庫の電源を切ると、霜が溶けて水になります。 引越し当日に切ると、トラックの中が水浸しなんてことになりますのでご注意を。 引越し先で冷蔵庫を設置したら、すぐに中を冷したいところですが、しばらくガマンしなければなりません。 目安としては、1時間ぐらいしてからのほうが安全です。 これは冷蔵庫の中のガスを落ち着かせるためと言われています。 なお、引越し業者に頼まず自分達で冷蔵庫を運ぶ時は、横にしないで立てたままで運ぶということも覚えておきましょう。 安全面を考えると、引越し業者に任せたほうが安心かもしれません。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

引越しの日取り

引越しの日取り

普段は何も気にしていないのに、新しいことを始めようとすると「暦」が気になってします人はたくさんいると思います。
「暦」とは「六曜」のことで、「大安」「仏滅」「赤口」「先負」「先勝」「友引」のことをいいます。
引越しも新しい生活をスタートさせるということから、気にするべきかどうか悩むところですね。
引越し業者によると、何をするにも日が良いとされる「大安」や、祝い事は良いとされる「友引」などは特に人気があるそうです。

特に、結婚などで新居に入る場合には、縁起を担ぐ意味もあり、周りの方からも大安を勧められることと思います。
しかし暦を気にしないのであれば、仏滅の引越しを考えてもいいかもしれません。なぜならば、引越し業者には仏滅の時の引越し料金が格安になるところがあるからなのです。

実際に、引越し業者に値引きの交渉をした時に「仏滅ならば半額でいいですよ」と言われたことがありました。
周りの反対もあって断ってしまいましたが、かなり後ろ髪を引かれる思いでした(笑)

また、引越しが集中するのは大安などの吉日ばかりではありません。
3月や4月といった年度の変わり目は、就職、転勤、入学などで引っ越す人が多いため、引越し業者も多忙を極めます。
この時期に引っ越すことが分かっているのなら、遅くとも1ヶ月以上前から予約を入れておいたほうが良さそうですよ。
さらには、社員だけでは人手不足になるためアルバイトを使うことも多い時期です。
作業に慣れていない上に1日に作業する軒数も多いため、作業の開始時間がずれることは頭に入れておきましょう。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

荷物のまとめかた

荷物のまとめかた

引越しが決まったら、まずははじめることは「荷造り」です。
大手の引越し業者に引越しを頼むとダンボールを持ってきてもらえます。
まず、これに普段使わないものから詰めていきます。

気をつけなければいけないことは、荷造りしたダンボールを置く場所を確保することです。
引越しまで日にちがあるのに玄関付近に置いておくと、普段の生活に支障がでてしまいます。なるべく玄関に遠い部屋を「荷造り後のダンボール置き場」と決めてしまいましょう。

ダンボールに物を詰める時、どうしても重いものを大きなダンボールに入れてしまいがちですが、「重いものは小さい箱へ、軽いものを大きい箱へ」が荷造りの基本です。
箱が大きい上に入っている中身が重いと、運ぶどころか持ち上げることも大変になっていまいます。

また、荷造りしたダンボールには、中に何が入っているのかと引越し先に運んでもらう部屋を書いておきます。そうすることで引越し業者もスムーズに作業を進めることができます。
また、あとで荷物がなくなるなどのトラブルを防ぐためにも箱に番号をふっておくのも良いでしょう。もちろん番号を控えるのも忘れずに!


引越し後すぐに必要とする生活用品などは、旅行バッグに入れても良いでしょう。引越し業者に運んでもらわず自分で運ぶようにしておけば、荷物の到着が遅れてもとりあえずの生活には困りませんよ。

なお、破損しては困るものは、箱に「注意」「ワレモノ」などといった注意書きもしておくことも忘れずに。補償のトラブルは、引越し以上に疲れますから。。。
気持ちよく引越しが終われるよう、段取りはしっかりしておきましょう。


posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

引越しの挨拶状について

引越しの挨拶状について

引越し業者に荷物の梱包から搬入まで全ての作業を頼んでも、自分でやらなくてはいけないものは、他にたくさんありますよね。

転出・転入届け、子供の転校手続きなど・・・目がまわるほどの忙しさになることは間違いありません。
「挨拶状」も自分でやらなくてはいけないものの一つで、ふとすれば忘れてしまいそうです。

近隣の人へは引っ越す前に挨拶に行きますが、遠方に住む知人には引っ越したことを伝えておかなくてはいけません。
現在はインターネットや携帯電話など便利なものがありますので、メールやグリーティングカードで送ってもいいですよね。

しかし、やはりハガキで出すのが一番、という人もいるでしょう。
挨拶状を出す時期は引越ししてから約1ヵ月後が一般的なようです。
引越し時期によっては、年賀状や暑中見舞いと兼ねた挨拶状になっても良いでしょう。

引越し業者には挨拶状を手配してくれるところもあるようです。
クロネコヤマトの引越し業者では、インターネットで注文をすると宅急便で自宅に届けてくれるのだそうです。
また、サカイ引越センターは、グリーティングカードのサービスを行っています。かわいらしいイラストで、もらったほうも笑顔になってしまいそうですよ。

目上の方にメールで送るのは失礼な感じがするならば、送る相手によってメールやハガキを使い分けて送ってもいいですね。
依頼を検討している引越し業者にこのようなサービスがないか確認してみてはいかがでしょうか?
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

引越しシーズンは?

引越しシーズンは?

「引越しシーズン」という言葉をよく聞きますが、いつ頃のことだと思いますか?

ご存知のとおり、就職や入学などで一人暮らしを始める3月から4月、または子供の長期休みや異動がある11月から12月を「引越しシーズン」と言うそうです。
もちろん、この引越しシーズン時期の引越し業者や不動産屋さんは大忙しです!不動産屋では、どこの部屋も申し込みでいっぱいですよね。

また、引越し業者に引越しを依頼しても、自分の希望通りに予約がとれなかったりするという話はよく聞きます。
この時期どこの引越し業者も日にちや時間の融通がききません。
少しでも希望通りに引越しをしたいのなら、やはり早めに手続きをとっておいたほうが良さそうです。
早い時期に引越しをすることが決まっているのなら、まずは住む場所を確保しておかなくてはいけません。
学生だと3月末で退居することが決まっている人もいます。このような場合は、不動産屋にあらかじめ予約をしておきましょう。
そうすれば、引越し業者にも自分の希望通りの日にち・時間で予約がとれますね。早い時期に決めておけば、荷造りもラクラクですしね。

急な引越しだと、引越し業者が到着しても荷造りができず、追加料金発生!という失敗もありそうですが、そんな心配もなくなりそうですね。

何事も余裕を持って行動するのが一番です。
引越しが決まりそうになったら、まずは不動産屋巡りをしてめぼしい物件を決めておくことをおすすめします。




posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備

引越しが決まったら

引越しが決まったら

春は出会いと別れの季節といわれますが、入学や就職などで新しい生活を始める方が多いことと思います。いろいろと楽しみですね。

さて、新しい環境にともない、一人暮らしや転勤する人も多いと思います。
慣れ親しんだ場所から新しい場所へ引越しするのは、出て行く側はもちろんの、見送る側にとってもとても寂しいものですよね。
しかし、引っ越す側の人にとっては、正直寂しいなんてばかりは言っていられません(笑)
経験した事がある方はお分かりだと思いますが、「引越し」は、とっても大変なんですよね。
市町村役場への転出届けを提出したり、電気・ガス・水道などの手続き、子どもがいる場合は転校手続きなどもしなくてはいけません。

また、引越し業者を決めるのもとても大事なことです。
引越し業者をどこにするかを決める最終的な決め手は、やはり「料金」と「サービス」でしょう。
インターネットで検索すると様々な引越し業者のサービスを見る事ができます。
また、料金の見積もりと言うと、以前は引越し業者に家に来てもらい、費用を算出してもらうことがほとんどでしたが、現在は必要事項を入力するだけで、1社だけでなく多数の引越し業者の見積もりを一斉に出してもらうことができてしまうのです。業者の比較ができるので、とても便利ですよね!

またはは引越し経験者に、おすすめの引越し業者を教えてもらうのも良いと思います。「こんなサービスがあったら良かったよ」などといった経験者にしかわからないようなポイントは、とても貴重な情報です。
引越がトラブルがなくスムーズにいくよう、たくさんの情報を集めてはいかがでしょうか?
posted by 引越準備 at 11:41 | 引越準備
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。