引越しで運んでもらえないもの

引越しで運んでもらえないもの

今まで住み慣れた土地を離れるのは寂しいものですが、せめて寂しくないように大事なものは全て持って行きたいのは当然です。 しかし、引越し業者さんは何もかも運んでくれるわけではないのです。 断られるものがあるんです。 ひとつは、いわゆる「貴重品」といわれるもの。 現金や株券、通帳、印鑑など、後で紛失などのトラブルになりますので、拒否されることは間違いありません。 引越しをする側としてもこれらを預けるのは心配ですよね。 引越し当日は貴重品は常に身につけて引越し作業をしましょう。 二つ目は「観葉植物」。これは特殊な管理を要するというのが理由のようですが、どうなってもいいと思うのであればお願いすれば持って行ってくれる引越し業者さんもあるようです。 三つ目は、ペットなどの「生き物」です。 ペットは大事な家族の一員です。自分たちと一緒に連れていってあげるのが一番です。業者によっては別料金で運んでくれるサービスもありますので、念のため問い合わせてみましょう。 四つ目は「危険物」です。 一般家庭での危険物というと「石油ストーブ」が一番多いのではないでしょうか?これはストーブの中に灯油が残っていると危険なので、絶対に持っていってもらえません。使い切るか、自分で運ぶようにしましょう。 その他、持っていけるかどうか不安なものは引越し業者に確認してみましょう。何とかなると思っていると、後で後悔することになるかもしれませんよ。
posted by 引越準備 at 00:00 | 引越準備
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。